微 速 前 進 (びそくぜんしん)

アクセスカウンタ

zoom RSS アナログの遺物

<<   作成日時 : 2007/01/01 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あけましておめでとうございます。

無事、年が明けての正月元旦。
姉夫婦が帰ってきた事もあり、ほぼ家で過ごしました。

家の押入れから、8ミリフィルムなんて言う過去の遺物が
出てきたのは夕飯後。

親父が30年以上前、子供の幼少期を撮ったという代物。

あの時代に、動く画像を残してるとは我が家も中々侮れない。

動くのか?映るのか?と、こちらの不安はおかまいなしで
カタカタと味のある音を出して動く、アナログ時代の遺物。

もちろん音声はないんですけど、ちゃんと映ります。
フィルム絡んで大変だけど。



映ってるのは姉の幼少時代。



 ・ ・ ・ 姉の幼少時代。



・ ・ 姉の幼少時代。



・ ・ ・




オイラ、映ってないんですけど(笑)






と思ってたら、よーやく母が

「あーあれアンタよー」

と言うので目をやってみる。





「あの大きいお腹の中におるのがアンタよ」






腹の中かい!! (汗)





最初の子供は嬉しいやら珍しいやら。
何かと記録に残すけど、二人目の時には飽きちゃった。
ってとこですか?

まー身近な人間の若々しい姿は中々に楽しかったけどね。

世のお父様、お母様。
2人目以降にも、ちゃんとした記録をプリーズ。

さて、部品が壊れたら修理も不可能なこのアナログの遺物。
捨てるにはちょっと惜しい感じなんですが、
デジタル化して保存するほどの物ですかねぇ?

オイラは映ってないわけですし。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アナログの遺物 微 速 前 進 (びそくぜんしん)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる